まさかのマイホーム

20代夫婦2人で、マンションで暮らしていたのですが、更新の機会におしゃれなチラシを手に近くのオープンハウスにお邪魔しました。
家を建てたかった訳ではなくて、家賃を下げたかったのと、夫の趣味の自転車を狭い1LDの部屋に置かれるのにイライラしたのが理由でした。

オープンハウスで出会った建築会社の方との相性がよく、そこからはとんとんと話しが進みました。

将来欲しい子供の数、地域、お金、色んなことを考慮しながら打ち合わせんしたけど、結局は知らない世界を予想して考えてるので、今思うとローンわもう少し低く組めばよかったです‥。

でも、一から考えた我が家は、自他共におしゃれだなと認められる最高の場所になりました。ふとコーヒーを飲んでたり家計簿つけてるときもなんだか幸せです。
ブラックをポイントに作り上げたので、今はDIYにはまって男前インテリアを作り続けています。

うちは、夫が意見をほとんど言ってくれないので、ほぼ私がアイディアを出しましたが、打ち合わせには毎回来てくれて、初めて一緒に大きな目標を成し遂げた感じがして、ゆるがない、自分たちの帰る場所ができたことが最高に幸せです。

PR|氷川台で注文住宅を