家を建てることになった理由

家を建てることになった一番のきっかけは同僚が次々とマイホームを建築し始め、その話を聞かされた主人がこのまま賃貸で家賃を払い続けるのはもったいないと考えるようになったことです。

家を建てるにあたりこだわったのは日当たり風通し、家の持つ性能ですがもっとも大きかったのは値段です。いくつものハウスメーカーに相談した結果、ソーラーシステムや家の空気清浄・温度調節システムがよくて、かつ値段を希望価格に近づけてくれたメーカーを選びました。

我が家で最も大きな部屋は主人の部屋で、多趣味な主人の趣味に関するものやコレクションが全てその部屋に集約されています。思う存分趣味に打ち込めるので主人がとても気に入っているようです。

ハウスメーカーを選定するときには、何社もハウスメーカーを回り、図面や見積書を見比べながら交渉を重ねましたが、そのおかげで家の広さや性能と値段、両方をかなり希望に近づけることができたので、大変でもそれはしておいて良かったと思います。

PR|建替え、リフォームの相談は|