マイホームを建てた後に後悔していることについて

夫が家賃を払い続けるのはもったいないし老後の住居を確保しておきたいと言い始め、昨年、練馬区に注文住宅で新築マイホーム建てました。
マイホームを設計するに当たり、家族がそれぞれこだわったことがあります。
夫は長男であるため、将来自分の両親を呼べるように和室を設けること。
和室は、両親それぞれがプライベートを保てるようにふすまで隔てた二間であること。
子ども部屋を子ども達それぞれに設け、子ども部屋の壁紙は子ども達が自分で選ぶこと。
子ども部屋の大きさは同じ広さにすること。
台所から洗面所、風呂場及び洗濯機への動線を短くすること。
空調・温度・湿度調節などを全て一括で行える設備を備え付けることです。
他にも要望としてはいくつかありましたが実現したのは以上です。
ところが、実際に建ててみると子ども達はほとんど自分の部屋を使わず、空調が整った一階ばかりで活動するため壁紙などはあえて子ども達が選んだ高額な物にする必要はなかったことと、夫の両親は現在の住居がある土地に永住するつもりであると言い、和室が不要になったこと、家事動線を短くしたつもりが洗濯物を干す場所だけが離れていてあまり楽になっていないこと、空調設備を稼働させると電気代が高額になることなど、後悔していることがあります。